第21回兼岩麺倶楽部 大型新人

向「浅野がいなくなってから、麺倶楽部も休止中

  だけど、そろそろ再開するかぁ」

宮「そんな頃かと思って、新部員

連れてきました」

田「田中です!」

向「えっ!そーなの?用意がいいね!

宮「しかも今回は田中推薦の店です」

向「えっ!そーなの?用意がいいね!」

宮「相変わらず語彙少ないなぁ・・・

そして、久々の味噌ラーメンです」

向「俺味噌好きなんだよね。ちなみに田中は?」

田「とんこつです。辛いのもいけます」

宮「僕らと一緒で、まぜ系より汁有好きって

のも良いですよね」

名古屋驛麺通り  札幌らーめん ほくと亭

向「すごい人だ、賑わってるねぇ」

宮「けっこう女子グループが多いなぁ」

田「私も、1人で来ますよ」

向「そっかぁ、で?メニューは・・・」

田「醤油と味噌がありますよ」

向「やっぱ味噌だな、煮卵付き」

宮「味噌チャーシューもいいけど・・・」

(店員さんに向かって)

田「味噌3つ、煮卵2つ」

向「バターもね」

そして、これが今回のオーダー

味噌らーめん 煮卵付き

中太縮れの北海道産多加水麺

焦がし玉ねぎラードが決めてのスープは

こってりだけど見た目ほど脂っぽくなくやや甘め

脂身少なめの、ももチャーシューがいい感じ

田「ごちそうさまでした!」

宮「おおっ!スープまで完飲か!」

田「基本です!」

向「この驛麺通り良いね。はしごが出来る」

宮「人込みすごくて、ぶつかりそうになるけど」

田「二人とも歩くのが遅いからです!(怒)」

向・宮「す、すみません(汗)」

向「頼もしいなぁ」

宮「今日から、新麺倶楽部ですね」

向「じゃあ、次はどこに行こうか?」

田「次は、あの店です」 向・宮「えーっ! もう決まってるの?!」

第20回兼岩麺倶楽部

向「昨日、浅野君の車、レッカーで

持ってかれてたよね」

宮「なんか、あったの?違反?」

浅「タイヤがパンクして・・・」

向・宮「???」

浅「馴染みの修理屋に電話したら

レッカーで持ってかれました」

宮「タイヤ一つパンクしただけで?」

浅「そうっすね」

向「で、いくらかかったの?」

浅「〇〇〇〇〇円です」

宮「4本全部交換できる金額じゃん(笑)」

浅「レッカー代込みです」

向「それで、落ち込んでたんだ」

浅「・・・」

宮「仕方ないな、ラーメン奢ってやるか」

浅「行きたい店があるんですよ」

向「奢ってもらう気、マンマンだな」

浅「ごはん付けてもいいっすか?」

宮「白飯ぐらい何杯でも良いよ(笑)」

ということで・・・

西区   らーめん柊

宮「着いたけど・・・」

向「店の前に、たくさん自転車が並んでるなぁ」

浅「そうっすね」

宮「座れるかな?」

向「とりあえず入るか・・・」

しおらーめん 半熟煮卵

魚介出しのきいたスープ

歯切れのよい全粒粉入りの細麺

低温調理チャーシュー

麺倶楽部では定番の煮卵

一杯770円とは思えないクオリティの

優しい味のらーめんです

宮「店内、僕らだけだったよね」

向「店の前の大量の自転車は何だったんだ?」

浅「そうっすね」

向「体もあったまったし、まいっか!」

一人麺倶楽部 近くて遠い濃厚鶏白湯

親孝行

最寄り駅 尾頭橋駅

尾頭橋駅からはちょっと遠いので、バスか駐車場があるので、車を利用した方が良いです。

今の家を建てて引っ越してきた頃に黄金から八熊通に引っ越してきた鶏白湯のお店、それが親孝行さんです。

引っ越して、すぐの頃に入ったきりで、気がつけば2年くらい行ってませんでした。

幼児がいる家庭では、なかなか一人でラーメン屋さんは行くタイミングがないんですよね。

今回は、ランチタイムに訪問。

入口にはアルコール。

カウンター席は、少し間隔をあけて、ビニールのパーテーションで仕切られコロナ対策もバッチリです。

注文は、もちろん特製塩の鶏白湯

久しぶりなので、炙り鶏マヨ丼唐揚げセットで。

数分で着丼。

ちなみに炙り鶏マヨ丼は、炙られているのはマヨネーズです(-_-;)

マヨラーの私になんの問題もないですが。

ラーメンは、特製なので、煮卵に、レア系豚チャーシューとしっとり鶏チャーシューが乗ってます。

スープは濃厚鶏白湯に香辛料で締まりとコクのあるスープに仕上がっています。

濃厚鶏白湯好きならいける味かと。

鶏マヨ丼は、マヨラーにはおススメ。

ちなみに、ランチタイムは、曜日によっては、豚骨しか出してない日もあるので、ご注意を。

豚骨はこちら。

普通に美味しい豚骨でした。