kaneiwa のすべての投稿

1人麺倶楽部(天使か悪魔か編)

久しぶりの仕事での外出

で、あればランチは当然ラーメン

今回訪問したのは

名古屋市南区 中華そば まさ春

お昼前の11時半、すでに店内はやや混雑

ラーメン屋というより、下町の食堂という風情

繁盛店らしい活気のある雰囲気だ

カウンターに座り、壁のお品書きに目をやる

中華そば、チャーシュー麺、台湾ラーメン・・・

うん?

アジフライ定食?コロッケ定食?

ラーメン屋ではあまり見慣れないメニューだ

興味はあるが、そこは麺倶楽部

店名にもある、「中華そば」を注文

すると、注文聞いてくれたお姉さんが

「平日は大盛り無料ですが?」

腹ペコサラリーマンにとっては天使の一言

だが、まてよ・・・この店・・・

店内を見渡すと・・・

男子、それも肉体労働者系の格好をした

体格の良い人ばかりだ

メニューの写真を見ると、定食には

普通のラーメンに揚げ物とご飯が付いている

(えっ、みんなこんなに食べるの?)

初めての店だし、麺の量もわからない

宮「えーっと、普通でいいです」

少し不安になりつつしばし待つ・・・

そして着丼

中華そば

(なんだ、普通の中華そばじゃないか・・・)

と、箸でチャーシューを持ち上げる

(重っ!!!)思わず落としそうになるほどだ

なんと、このチャーシュー、厚さ2センチはある

しかも、3枚!普通の中華そばでこれだ

スープは正統派、お湯割り系

それのやや脂多めのコクがある感じ

麺はぷつぷつと歯切れのよい、中細めん

そして見た目通りの柔らかチャーシュー

にしても、このチャーシュー・・・

麺だけでは、受け止めきれない・・・

と、思いつつも、なんとか完食・・・

「平日大盛り無料」

あの言葉に誘われて、大盛りにしていたら・・・

改めて店内を見回すと、みなさん大盛りや定食

(みんな、よく食べるね・・・)

美味しいだけではなく、コスパ良い

懐に優しいお店でした

一人麺倶楽部 一言で言えば肉

今回訪れたのは、中川区名古屋高速黄金インターの近くにある、あの次郎系の店。

ラーメン絆 中川店

正直に申せば、初めてではありません。

尾頭橋に住むようになってから、時々、食べたくなってしまいタイミングが合えば言ってる店です。

もはや軽い中毒です。

店は大通り沿いにあり、すぐにわかりますが、駐車場は2台分しかありません。

車で訪れる場合は、近くにある三井リパークの駐車場が便利です。

店内はそれなりに人数が入れます。

テーブル席と座敷があります。

食券購入時に油やニンニク・野菜の量が選べるので、次郎系の店に行った事ない人もとっつきやすいのでないかと思います。

照明はやや暗めですが、90年代の懐メロが常に流れているでの私の同年代の方は、意外に落ち着ける空間かもしれません。

懐メロは店主のこだわりで、過去をイメージできるので、ボケ防止になるのだとか。

ただ、店内は90年代の懐メロを知らない20代が半分くらいでしたが。。。

本日は久しぶりの来店で、心躍ってしまい、食券購入時につい極厚肉増しを追加でプッシュ。

海老塩肉増しに決定。

いつも濃味噌ですが、たまには違うのと思い本日は海老塩。

ちなみに出て来た瞬間に肉増しにしてしまった自分になんて安易な決断をしてしまったのかと自責の念に駆られてしまいました。

おまちかねの実物はこれ

肉でもやしすら少ししか見えません。

ちなみに肉増ししなくても右側のチャーシューは、のっかってます。

見た瞬間食べきれるのか過る不安。

チャーシューというよりは、巨大な豚角煮。

巨大ですが、味はしっかり染みており結構旨いです。

ですが、この肉の下には、大量のもやしと300グラムはある太麺が控えているんです。

肉だけ食べていると胸やけしそうなので、もやしをチェイサー替わりに肉を食べすすめ、飽きたら麺を食べるの繰り返し。

ちなみに麺は太麺と細麺が選べます。

私は太麺がおすすめ。

味がしっかりしており、肉もといチャーシューやスープに負けない力強さで旨いです。

結果、スープ以外は、何とかすべて食べきりましたが、スープはほとんど飲めず。。。。。。

もう若くはないなと実感した43の春の出来事でした。

兼岩麺倶楽部(お祝い編)

部活動の活発な当社

その一つに、ゴルフ部があります

その社内ゴルフ大会で、我が麺倶楽部の

浅野がなんと優勝しました!

(ハンデは内緒ですが)

そのお祝いということで、今回は

浅野が大好きな店

名古屋市 中区 一風堂 本店

野菜白丸 カタ 半熟煮卵

豚骨の嫌なクセや臭みが無いスープ

万人受けしそうなマイルド豚骨味が

硬さが選べる細麺にしっかり絡みます

とろっとろの半熟煮卵に、野菜や叉焼

量も味も大満足の一品

水の代わりのルイボスティーが相性抜群です

主役の浅野は、赤丸特製にチャーハンと餃子

さらに替え玉、とマシマシ(第3回参照)で

泳いでいた目が嘘のような食べっぷりでした

食後、店を出て・・・

宮「最後、店の人と何を話してたの?」

浅「アプリでポイントがたまるんですけど

  自分の分しかついてなかったから

  他の人の分もつけてと言ったけど

  ダメでした」

宮「君、よくここ来るんでしょ?

  以前は、つけてくれたの?」

浅「いつも、ダメって言われます」

宮「・・・・・・」

こちらはチャーハン